チキニッキ

チキの好奇心&思ったことニッキ

また観たいのに

こんばんは^^

 

チキです♪

 

寒くなったり温かくなったり風邪をひくにはうってつけの天気ですが、

人前で教える仕事が二つもあるので喉だけは守りたい…そんな今日この頃です

 

 

さて、この前繰り返し見ている好きな映画についてざっと書いたのですが

 

逆に

一回しか観れてないけど強烈に印象に残っててもう観る勇気がでない映画というのもあります

 

 

実は昨日観た映画が、

ちょっと衝撃が大きくて

観て良かったけどもう観たくない部類に入るものでした。

その映画についてはまたあとで書くとして、今日は今までに観たこの部類について書きたいと思います

 

 

基本ホラー映画は嫌いだったり、お化け屋敷途中でリタイアしちゃうようなチキンですが

戦争映画には興味があってちょくちょく観ます。

 

そのきっかけになった、小学校六年生の時観たこの作品

f:id:chocochick:20180408102435j:plain

 

ちょうどその頃9.11があったりして、戦争やテロ、虐殺などについて毎日のようにテレビで流れていた時だった中で、母が「これ観ときや」と見せてくれたのですが

 

衝撃。

 

中盤からの容赦ない銃撃や、収容所内の様子や、悪魔のような収容所所長たち

 

シンドラーのヒーロー的な部分より、ホロコーストや戦争自体に強い関心を持つようになりました。

それが後にポーランドへの興味にもつながる

 

大人になってもう一度観たいのですが、どうしても勇気が出ずに観れていません。

あの時の衝撃が大きかったので、その衝撃を今の私が受け止められる自信がないのです。

 

その代わりといってはなんですが、それ以来ホロコースト関連の映画はちょくちょく観ているのですが、どれにも衝撃を受けて二度と観なくなる現象が笑

 

 

例えば

ライフイズビューティフル

 

f:id:chocochick:20180408102352j:plain


観てる側の辛さとしては

被収容者が主人公で、より感情移入してしまうという点で、個人的にはシンドラーのリストより辛い内容になっていますね

悲惨さはどちらも最上級ですが

 

ポスターの楽しそうな感じがもうそれだけでしんどいです。

 

これも一度母と一緒に観て、それ以来一度も観れていませんが

まだまだ鮮明に覚えています。

また観たいな

 

そして唯一映画館で観たもの

f:id:chocochick:20180408104019j:plain

 

最後の何分間かはもう横向いてたかもしれません

話が読めてきた瞬間外出たいなと思った初めての作品。

 

いかに一人一人の人間として観ていなかったのか、そしてそれが生む悲劇について考えさせられました。

純粋な子供との対比で戦争の狂気がより伝わる気がします

 

 

ホロコースト関連ではこの三つが

また観たいのに今のところ観れそうにない作品

て感じですかね…

 

子供が産まれたりしたら母のように

観ときなさいよって言いたい気もするし、その時一緒に観ようかな(いつになるやら)

 

最近はホロコースト関連の映画が濫発しているという批判がありますが、この批判がその歴史への関心が減ることにつながらなければいいなと思います

 

 

なんか長くなりそうなので今日はホロコースト関連だけ…

他にも衝撃が大きかったものについてまた機会があればまとめたいです^^

 

はぁ月曜日か。お花見を楽しみにがんばろ…