チキニッキ

チキの好奇心&思ったことニッキ

語学講師面接の謎

こんばんは^^

 

チキです♪

 

ソウルは日中は真夏、蒸し暑いよりは日差しが痛い暑さ

朝晩は過ごしやすくてむしろちょっと寒いくらい

 

 

私は絶対日焼けしたくない派ですが

日焼け止めも超絶嫌い派

 

いかに外に出ないかが決め手ですね(←絶対無理だけどね)

 

 

さて、

ソウルで大学院生として修士の時は学生8割社会人2割、

博士の間は社会人8割学生2割という不思議な日々を送って来た私ですが

 

 

ここ何年かは塾のバイトの面接を受けることもあり…

そんな時にいつも思うんです。

 

日本語知らない人の前で模擬授業をして評価されるのって、

どうなの?

って。

 

 

もちろん色んな塾があるかと思いますが

今まで受けた塾は、現場の人ではなく、経営側のスタッフの前で模擬授業をするというスタイルだったのですが

 

いつも、まぁハキハキしてますね、日本語わからないけどね

みたいなコメントしか返ってこなくて

 

ひどい時は声低いですねとしか言われなかったり

それで採用不採用が決まるので、なんだかなぁという感じです。

 

もちろん、働ける曜日とか、長く続けられるかとか、

そういうことの方が経営の方々には大事なのかもしれないけど

一人くらい講師が同席するのはだめなのかな?と思ったり。

 

 

もし私が辞める時、引き継ぎのために面接に立ち会ってくださいと言われれば、

全然オッケーなんだけどなぁ。

 

 

これだと、語学講師のハードルが下がって

あんまりよくない気もしますがね…

 

 

 

というぼやきでした。

 

 

どうでもいいけど

果物がおいしくて止まりません…

f:id:chocochick:20180530214914j:plain